徹底活用!フリーランス求人6サイト

ホーム > フリーランスの求人情報 > 増えるフリーランスの求人に関して

増えるフリーランスの求人に関して

 働き方改革が進んでいますが、己の働き方を追求したいと考える方が増えています。
企業に属していると早出や残業がありますし、自由が少なくなるのは確かです。
そこで急増しているのが、フリーランスではないでしょうか。
とりわけ増えているのが、ライターだと言われています。
意外な気もしますが、書き手は慢性的に不足しています。
短い長いに関係なくですが、しっかりとした文章を書けるライターが不足しています。
パソコンやスマホがあればどこでも仕事をすることが出来ますし、兼業が可能なこともメリットです。
有名な雑誌に掲載されることで、更に仕事の依頼が増えると言われています。
月収が数百万になるライターもいますし、夢のある世界と言えるのではないでしょうか。
求人自体は少ないですが、チャンスは多い業界です。

 もう一つが、建築業界ではないでしょうか。
有名なデザイナーは敢えてフリーランスで仕事をしますし、引っ張りだこの建築家が多いのも事実です。
デザインをしてもらうのに数年待つ場合もありますし、将来の展望は開けていると言えるのではないでしょうか。
弟子を抱えて後身の育成をする建築家も増えていますし、日本の良き伝統を引き継ぐ機会となっています。
ただ、フリーランスは全てが幸せな訳ではありません。
休業補償がありませんし、仕事は自分で取ってくるのが原則です。
自己責任と言ってしまえばそれまでですが、実力と運が求められるのではないでしょうか。
誰もが最初からフリーでやって行ける訳ではなく、十分に力を蓄えてからフリーを選択するべきです。
医療保険に関しても、頭に入れておくべきではないでしょうか。

 定年はありませんし、身体の動く限りは働くことが出来るはずです。
健康に関しては十分に気を配ることが大切ですし、年に一度は身体のチェックをしておくことです。
口コミの求人も多いですし、同業者との集まりにはマメに顔を出しておくことです。
情報交換から得られることは多いですし、新たな仕事に繋がることがあります。
フリーランス同士で新たなプロジェクトが生まれることもありますし、大きな仕事に恵まれることもあります。
嗅覚を研ぎ澄ませることが重要ですし、何にでも積極的にチャレンジをするべきです。
雇用されていない利点はたくさんありますし、自由な発想で世界を変えることが出来るはずです。
日本のフリーランス文化は遅れていると言われていますが、まだまだ挽回が可能ではないでしょうか。
底力を見せるべきです。

次の記事へ

上へ戻る