大事な印鑑をなくさない方法をお教えします

普段から頻繁に使用する認印は別として、特別な時しか使わない印鑑の場合には、保管場所をついうっかり忘れてしまうということも家族の環境によってはあることがあります。そのためには、夫婦や家族で保管場所を共有して情報を得ておくという必要もあるといえます。何らかの事情で、いつも管理をしている人ができなくなった場合でも家族がいれば判断がつき、印鑑を見つけることができるからです。また、印鑑を使った後にはできるだけ早い段階で元に戻すという習慣をつけるようにするのが、なくさないための工夫になります。後で仕舞うと考えているとそのうち忘れてしまい、紛失の原因を作ってしまうことになるからです。大事な印鑑はその都度使った度に保管場所に仕舞うように習慣づけることが、無くさないための対策になります。

家族で保管場所を共有しましょう

地震などの災害に備えて家族で保管場所を共有していくものの中に、追加しておくべきものとして印鑑があります。普段は、家族との連絡がつきやすいためにすぐに見つかるものであってもいざという時には、見つけ出せない事態になることを避けるための対策としてとても役立つからです。またこのような災害時だけではなく、普段でも印鑑を使った後に元の位置に仕舞っていないままだと、紛失してしまう事態にもなりかねません。そう言ったことが起こることを事前に防ぐためには、家族で印鑑の保管場所を共有しておくがことがとても重要です。家族の誰かが、保管場所を理解していないと、つい使用してしまった後に別の場所に保管してしまう可能性もあるからです。そのためにも、印鑑の保管場所というのは家族でしっかりと共有しておくべきものだという意識を高めておくことが重要です。

印鑑を使用したら元に戻す習慣を

家族で共有している印鑑について、使用したらすぐに元の位置に戻す習慣をつけるようにしましょう。これは、家族の誰か1人が行うのではなく、印鑑を使う家族すべてがそういう対応をできるように意識を持つことが必要です。とりあえず、使った後に他の場所に置いてしまうと目に見えないところに置こうという意識が働くのでそのあとには印鑑を見つけづらくなってしまうことが少なくありません。そのために、それ以降印鑑を使うようになった時に、無くなっていることに呆然としてしまい、慌てることも少なくありません。ですから、印鑑を使用したら家族の誰もが元の保管場所に戻すという習慣をつけてこのようなトラブルを招かないように対策を行うようにするのが、とても大事だといえます。紛失したという場合のほとんどが、いつもの保管場所と違うところに置いていたというのが原因になっているので、元に戻すという習慣がいかに大事かわかります。