はんこや印鑑貴重品の賢い保管方法

はんこや印鑑といった貴重品の保管については、誰しも悩むものです。こうした貴重品の保管では、合わせて効力を発揮するものをセットで保管しない、できるだけ分散させて保管することが鉄則です。例えば、銀行通帳と銀行印を同じ場所に保管しておくと、盗難された場合、すぐに預貯金を引き出されてしまいますし、実印と印鑑証明書を発行する登録カードの場合は、本人になりすまし大きな借金の契約されたり、不動産の移転登記をされ自宅の所有権を失ったりする事もあります。また、同じような場所に保管すると、万が一、見つかった場合に貴重品が全て盗まれてしまいます。こうした事態を避けるためにも、通帳、はんこや印鑑、登録カード、不動産などの権利書は分散させ、それぞれ目立たないような場所で保管することが重要です。

一番、効果がある保管場所は金庫

貴重品の保管場所は様々ですが、最も効果がある場所は金庫です。金庫と言っても大きな金庫ではなく、ホームセンターなどで販売されている手提げ金庫で、鍵とダイヤルの2種類を併用した物であれば盗難のリスクも少なく、実用性も高いです。なお、盗難以外にも、火事などの災害に対応できるような耐火性のある金庫であれば、より効果的と言えます。また、最も安全な金庫と言えば銀行の貸し金庫があります。大きい支店などで利用されている貸し金庫は、多少の費用が掛かるものの、盗難や紛失、火事などの心配をする必要がありません。そのため、合わせて効力を発揮するものや、実印や登録カードといった頻繁に使用しないものをまとめて保管することができるので、自宅で保管場所に悩み、あれこれと対策することを考慮すれば、費用対効果が良い方法と言えます。

見つかっても問題がないようにダミーを用意する

貴重品の保管では、盗まれないように隠すことも大切ですが、仮に見つかっても盗みにくい、あるいは悪用されないような対策をすることも効果がある方法です。例えば、銀行通帳と100円ショップなどで購入したダミーの印鑑をセットで保管したり、印鑑を10本以上用意して一ヶ所にまとめて保管したり、目に付きやすい場所に手提げ金庫を保管し、実際の貴重品は小さな箱で目立たない場所に保管する方法などがあります。銀行通帳とダミーの印鑑が同じ場所に保管されていれば、当然、盗む人はそれを本物と思い込みますし、盗まれても使用できないので悪用されるリスクは少ないです。同じ場所に大量のはんこや印鑑がある場合も、短時間で、銀行印や実印を判断することは非常に困難だと言え、それはダミーの金庫でも同じです。このように、隠す場所と隠し方を合わせて考える事が大切です。