長野県で介護士の仕事に就くための方法

介護士 仕事 長野

高齢化社会に伴い、介護を必要とする人の数は年々増加し続けています。国内の人口における年代の分布では、戦後日本の高度成長期時代を支えてきた、いわゆる団塊の世代の数が最も多く、その世代が介護を受ける時代に差し掛かってきたことから、今後も更に介護のニーズが出てくることは間違いないと言っても過言ではありません。現在の介護士の仕事は、機械に置き換えてこなせることが限られており、労務のほとんどが人の手によってなされています。そのため、介護を受ける人が増えるほど、介護に携わる介護士の数も必要になってきます。長野県でも、高齢者の数が増えており、65歳以上の高齢者が平成22年では四人に一人の割合が、平成42年には三人に一人の割合になることが予想されています。この時期は、要介護の人口が最もピークになることが不安視されています。

多くの役割をもつ介護士の仕事を長野県で探す

介護士の仕事は、心身の障害によって日常生活がスムーズに行えなくなった人を人的労務提供によって生活支援をおこなうことで、主な内容に食事や排泄、着替え、入浴、歩行などの補助があります。これらを一人で遂行するのではなく、それぞれ異なった役割分担の中で連携して行われます。直接体に触れる作業については身体介助、家事全般の手伝いについては生活援助、家庭での介護に関するカウンセリングについてはその専門のアドバイザーが相談に乗るなどをして、要介護者の生活を支援しています。介護士の仕事は特別な資格がなくてもなることができます。介護の実務をこなしながら資格習得ができ、スキルアップができます。現在の長野県では人口の約18パーセントが要介護認定を受けており、人手不足のこともあって、介護士の仕事は常にあるといっても過言ではありません。

要介護者に寄り添った取り組みのある長野県で介護の仕事を探す

長野県では、介護を受ける人が心地よく日常生活が送れるように、要介護者への介護マークを取り入れ、普及に努めています。認知症など外から見えない症状のある人の生活もより安心な方向になる狙いもあります。こうした介護に積極的な姿勢を持つ長野県での介護士の仕事は、老人ホームなどの施設に勤務する仕事や、要介護者の家に出向く訪問介護などがあります。長野の特徴ともいえる自然豊かな環境のもとでの仕事は、人を相手にする仕事の中でも、やりがいが持ちやすい心境で仕事をすることができます。介護士の仕事の情報は、公共職業安定所や、求人雑誌、フリーペーパーなどで探すことができます。仕事内容も大事ですが、立地によっては交通手段が限られるところもあるので実際に現地に足を運んで検討するとよいと思います。