長野では介護士の仕事が沢山あります

介護士 仕事 長野

健康長寿国として名高い長野県は、男女ともに平均寿命が毎年1位もしくは2位になっています。長野県の人口はおよそ210万人で、その内約3割が65歳以上の高齢者で占められています。2020年には64.5万人に達すると予測され、全国の高齢者割合に比べて高く、少子高齢化が進んでいます。そのため、長野県では介護士が仕事をする場面が多くなってきます。長野県内には、在宅系のサービスからグループホームや特養、老健などといった施設・居住系サービス、介護予防サービスまで様々な介護サービスがあります。それらを支えているのが介護士です。働き方も正規職員から派遣社員、パート・アルバイトまで多種多様で、選ぶことができます。有資格者でなくとも介護の仕事に携わることもできますし、経験を積めば資格取得が可能になる職種です。

長野の介護士の仕事は住み慣れた地で暮らすお手伝い

65歳以上で介護を必要とする人が増えている一方で、それを支える側の人間が減っているという現実もあります。長野県では、介護の仕事は介護士だけに任せておくということや病気になったら病院に行くだけで完結するなど、それぞれの立場だけで仕事をするのではなく、介護・医療・生活支援などが互いに連携しより良いサービスを提供できる体制づくりに努めています。長野県では、住み慣れた地域で安心して最期まで生活を送ることが第一と考えられています。特に在宅医療の拡充に力を入れています。それを実現させるために、求職者と事業者を結びつけることや有資格者の復職希望に対する研修制度の充実なども県全体で強化されています。また介護に携わる人材の育成にも取り組んでいますので、高い目標を持って仕事をすることができます。

長野では介護士の仕事のしやすさにも力を入れています

長野県で介護士が活躍できる場所はたくさんあります。常時介護が必要な人が入所する特別養護老人ホーム、医療ケアやリハビリを行う介護老人保険施設、自宅での生活が難しい際に入所する養老老人ホーム、自宅に赴き炊事洗濯など生活支援を行う訪問介護サービスなどが一例として挙げられます。住み慣れた地で安心して暮らし、最期を迎えて欲しいと願う長野県では特に24時間体制の在宅ケアに力を入れており人材確保が求められています。他にも介護士が仕事をしやすいように改革が進められています。「介護マーク」の普及にも努めています。介護士は付添として様々な場面に立ち会いますが、診察時や異性のトイレ介助、買い物など誤解や偏見を生みやすい場面でこのマークをつけ、周囲に知らせることで、介護士が仕事をしやすくなるようにという目的で推奨されています。