大事な印鑑の保管場所をチェックしよう

印鑑など貴重品の保管場所は、できるだけ取り出しやすく見つかりにくい場所を選ぶことが大切です。例えば、本棚の本に挟む形で保管したり、薬箱の中の薬袋に入れたり、持ち歩かない化粧ポーチに化粧品とともに見えないように保管することもあります。もちろん、印鑑と預金通帳、印鑑証明書を発行できる登録カードなど、貴重品が同じような場所に集まらないように分散して保管することも大切です。また、隠すことも大切ですが、仮に見つかっても悪用されないような対策をすると効果的です。例えば、銀行通帳とダミーで用意した印鑑を一緒に保管すると、泥棒はダミーと気付かず盗みます。しかし、銀行に行っても使用できないので、預貯金が引き出されるリスクも無くなり、銀行からの通報で逮捕されることもあります。

最も安全な場所は銀行の貸し金庫

印鑑などの貴重品の保管場所で、最も安全な場所は銀行の貸し金庫です。ある程度の規模の支店などで利用することができる貸し金庫では、盗難や紛失といったリスクは全くありません。そのため、実印や印鑑証明書を発行できる登録カード、不動産の権利書など頻繁に使用しないものや、預金通帳と銀行印をセットで保管することができます。費用は利用する銀行によって様々ですが、自宅で保管場所で悩んだ上、盗難、紛失、災害などのリスクを背負うことを考慮すると、管理が苦手な人にとっては特に費用対効果の高い方法です。なお、ホームセンターなどで売っている手提げの金庫でも、鍵とダイヤルを併用した金庫であれば、持ち運びも開錠も容易ではないので、リスクは軽減できます。ただし、自宅の保管場所には十分な注意が必要です。

保管に向かない場所を理解して保管場所を決める

盗難を考慮して保管場所を考えた時、泥棒が目を付けやすい場所を知っていれば、反対に目を付けにくい場所が保管場所に向いています。泥棒は、まず比較的、片付けやすく、見えにくいリビングの戸棚や台所の引き出しやタンスを探します。そして、バックや机、神棚や仏壇、額縁の裏側、レターラック、トイレなどを確認します。つまり、こうした場所に隠すと発見されるリスクがあるので、意外性のある場所を選ぶ事が大切です。例えば、子供部屋やおもちゃ箱に見せかけたもの、使わなくなった勉強道具を改良して隠す人もいます。また、実印などは乾燥や多湿によってヒビ割れを起こしたり、わずかな衝撃で欠けてしまったりします。そのため、しっかりと印鑑ケースに入れて、温度の変化が少なく直射日光を避けた場所に保管しましょう。